根管治療

できる限り自分の歯を残すための治療 ~根管治療~

虫歯が悪化すると、歯の内部にある血管や神経まで虫歯菌に汚染されてしまいます。
症状がさらに進行すると、抜歯が必要となるケースもあるため、これを避けるために「根管治療」を行います。

歯の内部の血管や神経が通っている部分を「根管」といいます。根管治療とは、根管まで虫歯に汚染されたとき、内部をきれいに洗浄・消毒し、歯をできるだけ残す治療のことを意味します。
本来なら抜歯が必要なケースでも、丁寧に根管治療を行うことでご自分の歯を残せる可能性は高めることができるのです。

根管治療が必要となる症状

当院では、主に下記の症状をお持ちの患者様に対して根管治療を提供しています。

虫歯が神経に到達して激しい痛みが生じている

虫歯が根管内の神経にまで進行した場合、「痛む」「しみる」などの症状が現れます。この痛みを取るため、麻酔をして神経を取り除く治療を行います。

根管内の神経が死んでしまっている

歯をぶつけたり、虫歯が進行して神経まで達すると、根管内にある神経が死んでしまう場合があります。
根管の中で神経が腐ると、歯の内部で細菌が発生し、歯の根に細菌が到達したときに痛みを感じるようになります。この痛みを取り除くため、根管治療によって死んだ神経を取り除きます。

根管や根の先端に膿が溜まって痛みや腫れがある

すでに根管治療を行った歯の根管や根の先端に、繰り返し細菌が感染して膿がたまることがあります。膿がたまると歯肉に痛みや腫れを引き起こし、頬まで大きく腫れる場合があります。こうしたケースでは、根管に詰めた薬を一度取り除き、溜まった膿を出してから、根管や根の先端を再度キレイに消毒する治療を行います。

根管治療の流れ

  • 1歯の内部の虫歯に汚染された部分を取り除き、内部まできれいに掃除します
  • 2根管内を削って形を整え、歯の根の長さを測定します
  • 3根管内部に薬剤を入れて消毒します
  • 4消毒後、薬を隙間なく詰めて再発を予防します
  • 5歯の土台(芯)を入れます
  • 6被せ物(クラウン)を装着し、歯の機能を回復させます

POINT.根管治療の大切さ

根管治療を行ったあとでも、治療した後の歯の内部に細菌が残っていれば、被せ物をした歯の内部で虫歯が再発する恐れがあります。虫歯が再発すると、神経が取り除いたために気づくのが遅れ、歯の根に膿が溜まって抜歯しなければならなくなるケースもあります。
こうした状況を避けるためにも、当院では十分な設備を用意し、経験豊富な歯科医師が処置にあたります。
歯の根の治療で再発を繰り返してお悩みの患者様は、安心して当院までご相談ください。