口臭治療

なぜ起こる?口臭の原因とは?

口臭は主に、次の3つの原因によって引き起こされます。

  • 1. 起床直後や緊張時の唾液の減少など、一時的な原因によって発生するもの
  • 2. 虫歯や歯周病など、口内の異常によって発生するもの
  • 3. 呼吸器や消化器官の異常など、身体の病気が原因で発生するもの

一時的な原因によって引き起こされる口臭は、普段の生活習慣やブラッシング方法を見直すことで、いつでも軽減することができます。

ただし、口内の異常が口臭を引き起こしている場合には、しっかりとした検査を行い、原因を特定したうえで適切な治療を行っていく必要があります。

 口臭の原因と病態を測定する「口腔内検査」

当院では口臭にお悩みの患者様へ、口腔内検査を実施しています。

口腔内検査では、口臭の原因が虫歯なのか、もしくは歯周病なのかを特定するため、唾液や舌の検査、レントゲン撮影、口臭測定器を使った検査などを行い、様々な角度から口臭の原因を分析します。

人によっては、口腔粘膜病や舌病などの口腔疾患が口臭の原因となっている場合もあります。

そうしたお口の中の病態も、検査によって明らかにします。

口臭治療の内容について

口臭の治療法1.歯周病の場合

口臭が歯周病によって引き起こされている場合、お口の中に蓄積された歯垢が臭いの原因となっていることが多くあります。

歯周病とは、歯垢(プラーク)の蓄積によって知らないうちに歯を支える骨が溶かされていく病気です。

歯垢は48時間が経過すると歯石へと変化し、歯石の周囲には歯垢が付着しやすくなります。

【治療方】
専用のペーストとスケーラーと呼ばれるフック状の器具を用いてお口のクリーニングを行い、歯にこびり付いた歯石や歯垢をキレイに取り除きます。

これにより、歯ブラシの届きにくい部分に付着した歯垢もきれいに除去することができ、口臭を軽減します。

また、歯周ポケットの奥深くに付着した歯石は外科治療(フラップ手術)によって取り除くことで、口臭が緩和される場合もあります。

口臭の治療法2.虫歯の場合

虫歯も歯周病と同じく、歯垢の蓄積によって歯が溶けされる感染症です。

お口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)は歯垢を生成し、歯垢はさらにお口の中の糖分を吸収することで酸を作り出します。この酸によって歯が溶かされ、虫歯となってしまいます。

【治療方】
進行した虫歯は、虫歯となっている部分を最小限に削り、プラスチックや金属・セラミックなどの補綴素材を用いて修復します。

ただし、補綴物を装着する際には、歯の内側に細菌が残っていると細菌が中で繁殖して口臭を引き起こすため、慎重に処置を行います。

口臭治療の流れ

初診時には検査を行うため、2時間半ほどの診療時間を見ていただきます。診療内容は以下の通りです。

STEP1. ご予約

まずはお電話(092-841-0777)もしくはWEB予約にて、ご予約をお取りください。

当院は予約優先制となっておりますので、ご来院の際は必ずご予約のうえでお越しいただきますようにご協力をお願いします。

STEP2. 問診

ご来院いただきましたら、お口のお悩みや普段の生活習慣について問診票へご記入いただきます。

お口の状態をはじめ、どんな時に口臭が気になるかなども含めて出来る限り詳しくご記入いただけましたら、診療時の助けになります。

STEP3. 検査

口腔内検査(レントゲン検査、口臭測定器検査、唾液の検査、舌の検査など)を行います。

STEP4. 診断

検査結果を分析し、口臭の原因を明らかにします。

STEP5. 治療

患者様の症状に応じて、適切な口臭治療を提供することで口内環境を健全な状態へと改善していきます。

同時に、適切な生活習慣についてもご指導いたします。

STEP6. 再診(2回目以降)

再度、口臭測定器による検査を行い、初診時の検査結果と比較することで、口臭が改善されているかを判断します。

診療時間の目安は1時間~1時間30分です。