審美歯科

審美歯科とは?

審美歯科とは、虫歯などで失った(もしくは欠けてしまった)歯を、専用の素材を用いて修復し、天然歯に限りなく近い形や色調・質感へと仕上げる治療法です。当院の審美歯科では、単に外見の美しさを整えるだけでなく、悪い歯並びや噛み合わせも視野に入れることで、審美性と機能性を両立した治療をご提供いたします。

当院の審美歯科では次の目的のもと治療を行います

● 自然な白い歯をつくります ● 歯並びや噛み合わせを良好にします ● 虫歯・歯周病や口臭の予防処置を行います ● 将来的に歯を残せる可能性を高め、入れ歯やインプラントの可能性を減少させます

当院で取り扱う審美補綴材の種類

歯を修復する補綴物(ほてつぶつ)には、クラウン(被せ物)とインレー(詰め物)があります。当院では、患者様のご要望やご予算に応じて、さまざまな症例に適した補綴物をご用意しています。
なお、患者様のご要望によっては、ホワイトニングや矯正治療、セラミック治療など、様々な選択肢の中から最適と思われる治療法を組み合わせるなどして、1人ひとりの患者様にとって最善の審美治療を行ってまいります。

  • 1ハイブリッドレジン
    ハイブリッドレジンとは、保険適用のレジンと保険適用外のセラミック材料とを混ぜ合わせた、セラミックとレジン両方の長所を活かした素材です。レジンの欠点である変色のしやすさを軽減し、硬すぎることもないため周囲の歯を傷つけることなく装着できるメリットがあります。また、金属を使用していないためアレルギーの心配もありません。ただし、セラミック材料よりも透明感は少ないため、前歯の修復には不向きです。
  • 2e-max
    e-maxは審美性に優れ、高い生体親和性を持ったセラミック材料です。主成分であるニケイ酸リチウムは、柔らかすぎず硬すぎない特徴を持っているため、強い力が加わった時にご自分の歯を痛めることがありません。また、変色やアレルギーの心配もなく、耐久性にも優れています。ただし、稀に割れることもあるため、メンテナンスが必要となってきます。
  • 3オールジルコニア
    ジルコニアは『人工ダイヤモンド』と呼ばれるほど耐久性が高く、アレルギーなどの心配もない生体親和性に優れた素材です。激しい歯ぎしりをする患者様でも破折する心配が少なく、咬合面の摩耗も少ないため、対合歯を傷つけません。変色の心配がなく、セラミックに比べて安価なところもメリットと言えます。
  • 4メタルボンドポーセレン
    メタルボンドポーセレンは、ポーセレンという陶器素材の内側に金属を打ち付け、耐久性を高めた被せ物です。金属の裏打ちが耐久性を高めているため、表面のポーセレンが欠けない限り半永久的に使用することが可能です。オーソドックスな治療法のため安定感はありますが、金属アレルギーの方には不向きです。適用後は、歯の手入れに十分気を付ける必要があります。
  • 5ダイレクトクラウン
    ダイレクトクラウンは、歯の型を取らずに歯科医院ですべて作成する素材です。技工所での作製を必要としないため、他の保険適用外の審美治療に比べて安価であり、ご来院いただいたその日に歯を修復することが可能です。また、金属アレルギーの心配はなく、審美性・耐久性に優れたメリットがあります。ただし、強い力が加わると欠ける恐れがあるため、十分なケアとお手入れが大切です。